【本当?ウソ?】小保方氏が日記で語った残酷な罰・・・小保方さんにとっての事実

3725_2_1

スポンサーリンク

実際は、不正はやろうと思えばできるし、

それを論文の段階で完全に見抜くのは難しい。

 

「間違った論文」というのは、今の時代にはじまったことではなく、

何かに取りつかれたかのように、捏造論文を発表しまくった人も、歴史上、少なからずいるのです。

ただ、このSTAP細胞なんていう、応用段階で広く使われることが予想され、

みんなが実際にやってみればすぐに「できない」ことがバレるような研究で、

そんな不正をするのだろうか?

もしやったら、どんな結果になるか、予想がつきそうなものなのに……とも、思うんですよね。

本当に、わからない。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

この婦人公論に連載されていた小保方さんの日記、僕は読むことに躊躇していたのです。

これ、本人が書いているのだろうか?

本当のことが書いてあるのだろうか?

 

前者に関しては、校正や修正が入っているとしても、

原型は本人が書いたものである可能性が高いと感じました。

 

後者に関しては、正直、読み終えたいまでも、よくわからない。

ただ、全部が嘘ではないとは思う。

 

ここには、小保方さんにとっての事実が、そのまま書かれているのではないか、

というのが僕の感覚で、日記というのは、それで良いのだろうな、と。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です