【本当?ウソ?】小保方氏が日記で語った残酷な罰・・・小保方さんにとっての事実

3725_2_1

スポンサーリンク

家に帰った数時間後、インターホンが鳴った。

基本的にインターホンには出ない。

でも続いてドアをドンドン叩かれたのだった。

 

異変を感じて、インターホンのモニター画面を見ると、見覚えのある週刊誌の記者の顔だった。

一瞬にして血の気が引き、恐怖が全身に満ちた。

爪を剥がしながら必死に這い上がってきた崖の上から、足蹴にされて再び地獄に叩き落された気分だ。

 

この日記のなかでは、人目を避けるために、ずっとマスクをしていて、

ひとりひとり仕切りがあるラーメン屋(一蘭?)でしか外食ができなかったことや、

過食や体調の変化などの日常もつづられています。

 

日記好きの僕としては、

「不謹慎かもしれないが、この人の日記は面白いなあ、よく書けているなあ」

と思いながら読んだんですよ。

文章も上手い。

 

ところどころで、ペットの亀への愛情がつづられていたり、

献身的に助けてくれる「親友さん」や研究室の先輩(同僚)の話も出てきます。

 

登場人物の性別が推測できるような「彼」「彼女」という三人称や会話などが、

注意深く取り除かれていたことに、読んでいて不思議な感じがしたのです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です