【衝撃】首都マニラに昨年12月に設置された『慰安婦像』が大変なことに!!(画像あり)

c4d70_1641_4947a6a4_9c996926

スポンサーリンク

【シンガポール=吉村英輝】フィリピンの華人団体などが首都マニラに昨年12月に設置した、

日本軍占領下(1942~45年)の慰安婦を象徴するという女性像が、

台座ごと撤去されたことが28日、分かった。

 

女性像は、マニラ市が管轄する、マニラ湾に面した遊歩道に建てられていた。

産経新聞が助手を通じて28日朝に現地を確認したところ、

設置されていた場所には穴があき、

横約2メートル、縦約10メートルの範囲が、フェンスやビニールシートで覆われていた。

周囲には、像や重機などは見当たらなかった。

 

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です