【修学旅行のよう】新幹線殺傷事件、容疑者の留置所での様子

20180614170301

スポンサーリンク

JR東海道新幹線で男女3人が刃物で殺傷された事件で、殺人容疑で送検された愛知県岡崎市の無職、小島一朗容疑者(22)が「自殺するつもりで家出したが、長野滞在中に犯行を思いついて決意した」との趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 

事件は発生から10日が経過。

数十カ所にわたって男性に切りつけるなど強い殺意がみられる一方、留置場での様子を知る関係者は「中学生が旅館に泊まっているような雰囲気」と証言。

動機には不可解な点も多い。(宇都木渉、河野光汰)

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です