【歴史的な敗北】「黄金期の終焉」史上初のグループリーグ敗退にドイツで怒りの声

d5729_1429_7f68ce89_79b778d1

スポンサーリンク

【6月27日・カザン|グループF  韓国 2-0 ドイツ】

前回大会の覇者ドイツは、グループリーグで姿を消すこととなった。

グループリーグ第2戦のスウェーデン戦をトニ・クロースの劇的なロスタイム弾によって制し、最終戦に勝てば決勝トーナメント進出が決まるドイツは、この日も序盤から相手をポゼッションで圧倒。

しかし、韓国のコンパクトで統率の取れた守備を崩すことができずに時間は流れた。

そして、刻一刻とタイムアップの瞬間が近づき、ドイツに焦りの色が見えるなかで、試合は思わぬ形で動く。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です