【炎上】エース酷使が「高校野球のお手本」なのか? 高野連会長「前時代」発言に批判殺到!

6e7c653fe24f6496d398ec5719332fc3

スポンサーリンク

1人の投手を「酷使」することが、高校野球の「お手本」なのか――。

2018年8月21日、決勝戦後のグラウンドで開かれた夏の甲子園の閉会式で、大会の審判委員長をつとめた高野連会長の八田英二氏が口にした一言が、インターネット上で物議を醸している。

 

「1人でマウンドを守る吉田投手を…」

この日の決勝では、大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農業(秋田)を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を果たした。

金足農は、地方大会から準決勝まで1人で投げ抜いたエース・吉田輝星投手がついに崩れ、東北勢初の優勝を逃した。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です