【あそこまでの失投はない】大谷翔平への“報復死球”に地元メディアが不快感!

maxresdefault

スポンサーリンク

7回にはアルトゥーベ、9回にはグリエルに死球

エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、本拠地アストロズ戦で“報復死球”の応酬に巻き込まれた。

8回の第4打席で3番手オスナの剛速球が腰付近に直撃。

アストロズは7回にアルトゥーべ内野手が死球を受けており、メジャー通算132勝のエンゼルスOBは大谷への死球を「故意」と断定。

「あそこまでの失投はない」と批判している。

 

剛腕バーランダー相手に二塁打と本塁打を放った好調な大谷が標的にされた。

3-8と5点ビハインドの8回2死。オスナの初球94.6マイル(約152キロ)の直球が襲いかかった。

明らかなボール球に避けるように背中を向けたが、腰付近に直撃。

5日(同6日)のインディアンス戦以来、メジャー移籍後2個目の死球となった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です