【あそこまでの失投はない】大谷翔平への“報復死球”に地元メディアが不快感!

maxresdefault

スタンドからはブーイングが巻き起こるなど異様な雰囲気の中、

地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で解説を務めるエンゼルスOBのマイク・グビザ氏は「腰部に直撃です。ショウヘイ・オオタニは避けることができません」と伝えた。

すると、実況のビクター・ロハス氏は「これは報復ではないかと疑ってしまいます。(7回に)ホセ・アルトゥーべが死球を受けていましたから。オスナは素晴らしい制球の持ち主でもあります」と、

オスナによる“報復死球”を疑った。

 

伏線はあった。

アストロズは7回に昨季MVPのアルトゥーべがカウント0-2から99マイル(約159キロ)直球で死球を受けていた。

大谷の死球後、アルトゥーベが死球を受ける映像が再生されると、

ロハス氏は「オー!これは故意の死球です」とまくし立て、

グビザ氏も「そうですね。あそこまでの失投はありませんから」と断定した。

最後まで読んでくれたあなたにプレゼント!


男女必見!イケメン、またはギャルと本番○○する方法とは?


イケメン、ギャルと無料で○○する方法を紹介!
 
例えば、女性も知らないうちに男性に引かれていた・・・。

その男性を引かせてしまうボーダーラインがこちら!

Hの途中に男性が喜ぶの奥手さと萎える奥手さのボーダーラインが判明!!
Couple having sex  

例えばキスの仕方1つで相手に不快感を与えてしまう・・・。

その驚愕の理由をチェック!

【男女必見!!!】ここが違う!上手いキスと下手なキスの差とは!? shutterstock_518351875-20170131190916-600x400  

彼女を本当にイカせたいと考えてるあなたにはこの記事がおすすめ!

愛撫とイカせる動きは全く別物!女性が本気で感じるセックスとは? 2-t-32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です