【まだお母さんしゃべってましたけど…】「24時間テレビ」で放送事故か? 羽鳥慎一のコメントに称賛相次ぐ

fb_24h

スポンサーリンク

2018年8月25日から26日にかけて放送されていた「24時間テレビ」(日本テレビ系)で、中継が乱れた場面があった。

その際の羽鳥慎一‏アナウンサーの対応に、賞賛の声が上がっている。

「まだお母さんしゃべってましたけど…」

 

24時間テレビで、12歳の義足の少女・松永琴寧ちゃんが富山県・北アルプスの立山登山に挑戦するといった企画があった。

番組ではその模様を中継していた。

琴寧ちゃんは芸人のイモトアヤコさんと一緒に、26日朝5時から約10時間半かけて、約3000メートルの登頂に成功した。

山頂で、琴寧ちゃんは泣きながらお母さんへ感謝の想いを伝える手紙を読んだ。

 

山のふもとで手紙を聞いていたお母さんが番組の総合司会を務めていた羽鳥アナに感想を求められ、

涙ぐみながら「パパも琴寧をずっと応援していたよー…」とイヤモニを通して、

琴寧ちゃんに話しかけ始めたときだった。

話を遮るように画面が切り替わり、日本武道館の会場にいる羽鳥さんらが映った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です