【24時間テレビは働き方改革違反】 デーブ・スペクター、ツイッターで猛批判し続ける姿に共感の声!

デーブ・スペクター

スポンサーリンク

26日に入ると、批判はさらに過激に。

「24時間テレビは働き方改革違反ではないですか???」

「24時間テレビの出演者って何らかの共通点があるような気がするが、何だろうね」などとツイート。

チャリティー番組ながら出演者に高額なギャランティーが出ていると言われる『24時間テレビ』について、皮肉や批判を連発した。

『24時間テレビ』については、『週刊文春』(文藝春秋社)がトライアスロンに挑むみやぞんの出演料が2000万円と報じているほか、

ほかの出演陣についてもかなり高額なギャランティーが発生していると言われる。

この件については「タレントはプロである以上テレビ出演時にギャラをもらうの当然」という声もあるが、

「チャリティー番組として人から募金を呼びかけているなら出演料が出るのはおかしい」

「高額ギャラを寄付すれば良い」など、

不明瞭な出演料について批判の声も多い。

デーブ・スペクターは、そのような背景に、憤りを持っているようだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です