【日本精神(ジップン・チェンシン)】台湾とパラオという日本が統治した国が、今も中国に屈しない理由!

11b38_1524_c7b116b83f8c9dac109af08a243d3fbd

スポンサーリンク

台湾の総統に蔡英文氏が就任して2年。その間、中国の経済的、政治的圧力により台湾と国交を断った国は実に5カ国を数えます。

今や米国と覇権を争う超大国・中国に抗うのは並大抵のことではありませんが、その「脅迫」に屈せず台湾との関係を保ち続けているのが南洋の小国・パラオです。

台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、

中国の脅しに決して負けないパラオと台湾が国交を結び続ける「当然の理由」を紹介しています。

 

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です