【従北】韓国また裏切り? 「南北事務所」制裁違反の恐れ、北に電気や建設資材など供給!

98f5f630

スポンサーリンク

「従北」で知られる韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権がまた、国際社会を裏切ろうとしている。

韓国政府と北朝鮮が開城(ケソン)工業団地に設置を予定している南北共同連絡事務所について、

国連や米国の「制裁違反」になる可能性を米高官が示しているという。

韓国企業が北朝鮮産の石炭を輸入していた疑惑も発覚しており、

韓国に対し、米国が制裁を発動する可能性も指摘されている。

 

「国連の対北朝鮮制裁だけでなく、米国の対北朝鮮独自制裁違反になる可能性もある」

韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は20日、南北共同連絡事務所に関する米高官の見解を伝えた。

 

同紙のインタビューで、この高官は、事務所開設のため、韓国が電気や建設資材などを北朝鮮に供給している動きが国連の対北朝鮮制裁違反の可能性があると指摘。

さらに、米国の法律に基づいて調査する義務があり、

「違反が見つかった場合は処罰しなければならない。これは米国を難しい立場に立たせることだ」と述べた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバズるネタ特集をフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です